ルミガン トラバタンズ

ルミガンとトラバタンズの効果は違う

ルミガンは緑内障などの点眼液として開発され、現在ではまつ毛のボリュームをアップさせるという性質から、多くの女性たちが美容に用いています。

 

目の治療だけでなくまつ毛に効果を発揮するのは、ルミガンに含まれる主成分ビマトプロストのお陰です。

 

ルミガンを購入しなくても、緑内障の点眼液ならばまつ毛に効果があるのかといえば、そんなことはありません。

 

緑内障の患者さんに処方される点眼液には、例えばルミガン以外にトラバタンズという医薬品があります。

 

毎晩上まぶたにトラバタンズを塗り続けたからといって、まつ毛は長くなったり太くなることはありませんから、間違ってつけないようにしましょう。

 

トラバタンズにはビマトプロストが配合されていませんので、点眼液としてだけ利用してください。

 

緑内障と診断された患者さんで、治療によりまつ毛が伸びてほしくない男性などは、ルミガンよりもトラバタンズが理想的でしょう。

 

日常的にメガネをかけている方も、ルミガンを点眼しているとレンズにまつ毛があたるほど伸びるので、まばたきするたびに不快に感じるかもしれません。

 

元からまつ毛が長い海外の方などは、特にトラバタンズの方がいいのかもしれませんね。

 

ルミガンのまつ毛を長く・太く・濃くするという効果は、副作用として発見されたものです。

 

トラバタンズにおいても、これらに違い副作用はあるようなのですが、検証データが提示されていないところがルミガンと異なります。

 

ルミガンは、まつ毛に対する働きがアメリカのFDAにより認められていますが、トラバタンズは違います。

 

トラバタンズの場合は、そもそもFDAに申請を出してすらいないのかもしれません。

 

ルミガンは検証データを提示し、FDAの厳しい審査を通過しているわけですから、トラバタンズで試してみるよりも確かな効果が期待できるでしょう。

 

せっかくお金を出して購入するのですから、無駄にはしたくないものです。

 

治療ではなくまつ毛美容目的の方は、トラバタンズよりもルミガンの方が確実です。